[戻る]

 
 整体について


医療検査の仕事に 約10年携わり、協力隊で海外、途上国の生活・仕事を経験。
帰国後 単に人の身体を検査するだけでなく 肉体と精神が織り成す存在であるヒトの本質的な「いやし」が出来るような、健康を増進させるような仕事をしたい、という思いが だんだん強くなりました。

思春期(自己紹介参照)以来、心身ともに前向き・積極的になれなかった私が 

協力隊活動を通して「君が居てくれてよかった」と言われるような体験をしました。

あの感動を ヒトを「いやす」ために生かしたいと願ってきました。

相手を「癒す」ことによって 自分も「癒される」
そこに長らく抱いていた問いかけ「何のために生きるのか?」の答え があるように思います。

現在、ある先生の下で整体を勉強しています。

はじめは指圧したり、タイ式マッサージのようにバキバキっせたら気持ちよくなる、とだけ思ってました。

先生の元にこられる患者(お客さん)の身体の不調は整体によって改善されます。
また、そんな方ほど色々な悩みを話されます。仕事、職場、人間関係、etc...

対話士」と言う資格も 現代には必要ではないか?と言われます。

聞いてほしい、話を聞いてもらうことで心が癒され、身体も楽になる人が多いようです。

「整体」には そんな「精神的いやし」の要素もあります。
今ではカイロプラクティック、整体院等のお店を良く見かけます。

単に肉体的な治療を施しだけではなく、相手と心から対話できる治療院が繁盛しているようです。

M先生と出会い、何ゆえに自分は悩みが多いのか、ヒトは何故悩むのか?その根本的な解決が出来そうな気がしています。

この修行は 始まったばかりです。
先生との出会いをより深めて 頑張りたいと思います。

P.S.
目標としてはチェンマイで学んだ タイ式マッサージの要素を加味した私流の整体が出来るように修行していきたいと考えています。




[TOP]  [戻る]  [NEXT]

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー